弁護士

相続放棄を行なう

離婚調停では心身ともに疲れてしまいますよね。離婚の弁護士が解決に導いてくれるので安心ですよ。頼りになる存在がコチラ!

相続放棄という言葉をご存知でしょうか。ある人が亡くなった場合は、家族や相続人が財産を相続することになりますが、たとえばその人に借金があった場合は、その借金も同時に相続する形になります。もし借金があまりに多く、相続することで却ってデメリットになる場合には、申請を行うことで、その相続を拒否することができます。これを相続放棄といいます。放棄を行った人は、その子や孫も相続をすることが出来ず、それ以外の身内などの相続人により、遺産の分配が行われます。 この相続放棄を行うための申請は、家庭裁判所にまず申述書といわれる書類を提出し、それが受理された時点で始まります。この場合、手続きや、承認の種類が色々複雑ですので、プロに頼んでやってもらうのがいいでしょう。その場合は、弁護士または司法書士に依頼することになります。

もし知り合いに弁護士、あるいは司法書士がいない場合は、弁護士会や法テラスの無料相談を利用するといいでしょう。法テラスの場合は、その人の問題に見合った弁護士または司法書士を紹介してもらうことができます。 相場は、事務所によって様々ですが、一般的な相場は一人当たり2万円から5万円とかなり幅があります。また、弁護士に依頼する場合は、別途相談料が30分につき5400円かかりますので気を付けてください。費用の点で心配な時は、相続放棄に強い弁護士事務所、また司法書士事務所をネット検索し、メール相談をするという方法もあります。また事務所によっては、複数名で申述すると割引があるといった、色々なサービスが準備されている所もあります。まずは自分の予算にあった事務所を選んで依頼してみましょう。

注目の記事

オススメリンク

  • 後遺障害認定110番

    豊富な解決事例が話題になっているのです。交通事故の後遺障害をどうにかしたいならこちらをご確認ください。